The World of M

大好きなことやもの(演劇・読書・ときどき日常)を徒然書いています

「とにかく散歩いたしましょう」小川洋子さん著 日常での視野の広がり

f:id:mizuki021190:20210321172944j:plain

 

とても久しぶりの更新になってしまいました。最近「博士を愛した数式」の著者である小川洋子さんのエッセイを読み終わりました。新聞のコラムを書籍化したもので、ひとつひとつの章は4〜5ページと、とても読みやすく、小川さんのお仕事である小説の発送がどのように生まれるか、その日常から垣間見られ、大変知的好奇心が刺激されるエッセイでした。このブログを読んでくださっている方はもしかしたらその鋭い観察眼で見抜いていらっしゃるのではと思いますが、私はエッセイがとても好きです。題材が我々読者でも想像ができる中でも、物事の見方って本当に人それぞれで、そこから学ぶことが多いからなのです。

とにかく散歩いたしましょう

とにかく散歩いたしましょう

 

 

続きを読む

大人になってから読む&観る「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 自分を・他者を正しい方向へ導くこと

 

f:id:mizuki021190:20210102220542j:plain


大人になってから再度読んでいるハリー・ポッターシリーズ。子どもの頃、このアズカバンの囚人が一番面白い!と感じたことは覚えていますが、ストーリーは案の定あまり覚えていませんでした。今回、アズカバンの囚人を一気読み、そして映画も観ました。映画は実は初めて観ました。

続きを読む

宝塚歌劇 月組「Welcome to Takarazuka / ピガール狂騒曲」8ヶ月ぶりの公演期間、楽しかった!

f:id:mizuki021190:20210102170758j:plain

小さな幸せ


ああ、明日がついに大千穐楽なのですね。。思えば、2020年9月25日に幕が開いて、遠征をしたり、東京公演たくさん通ったり、気がついたら3ヶ月強の公演期間が終わって行くのですね。

大劇場の遠征を終えてから書いたエントリーに、多くのアクセスをいただきました。嬉しかった!

本当、自粛期間が辛かったから、劇場で宝塚を、月組公演を観られた喜びはひとしおで、演目云々より、本当に色々と楽しかったなあ。そんな私の楽しかったを叫ぶエントリーです。演目の内容よりは、観劇そのもので感じた小さな喜びを紹介します。

続きを読む

2020年学んだこと 自分の人生を生きること

f:id:mizuki021190:20210102161247j:plain

 

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

2020年は、社会的にも大変な1年でしたね。生きている中で、このような未曾有な事態に晒されることがある、と学んだと同時に、世の中完全で平等なものはないのだとも気付かされました。

私はこのブログを初めて、自分の気持ちや思いを記録に残すことを楽しみながら、それを読んでくださる方がいることを知り、喜びに繋がりました。

続きを読む

ミュージカル プロデューサーズ を観てきました 人生を輝かせる大きな一歩

f:id:mizuki021190:20201213183055j:plain

去る11月23日に、東急シアターオーブでやっていた「プロデューサーズ」観てきました!とてもとても楽しかった。ここ数年宝塚が中心の観劇生活なのですが、ああ、ブロードウェイミュージカルの日本版って素晴らしいな、と改めて思ったひと時でした。

 

www.tohostage.com

 

プロデューサーズといえば、私の中では映画の「The Producers」が大好きで、でもなかなか日本の舞台で観られる作品ではないので、とてもとても楽しみにしていました。

結論、期待以上のクオリティで素晴らしかったです!

続きを読む