The World of M

大好きなことやもの(演劇・読書・ときどき日常)を徒然書いています

「あたしたちよくやってる」山内マリコさん著 女性の人生、自分らしさを思い出すこと

こちらも本屋さんでたまたま通りかかり、タイトルにあまりにも惹かれて「ジャケ買い」しました。

山内さんは小説家・エッセイストとしてご活躍されており、小説のみならず、様々な雑誌にアンソロジーをはじめとするエッセイを執筆されているのですね。改めて山内さんのウィキペディアでご経歴を拝見し、この本に書かれているストーリーのひとつひとつが、山内さんご本人の人生を写しているのかなと、想像を掻き立てられました。

この本は、様々な短編エッセイ、コラム、短編小説が盛り込まれている構成になっていまして、大変読みやすく、そして女性として共感できる複雑な感情の数々が描かれていました。

 

本当に私は、自分のことを労いたい気持ちで、このタイトルにあまりにも惹かれて読むに至りましたが、どの年齢になってもその時、その時で感じるであろう感情や考えの移り変わり、自分が経験したことのある感情、これから経験するであろう感情に、大変共感を覚えました。

いつも通りネタバレ少し含みます。ご興味のある方は、続きを読むからぜひご覧ください。

 

 

あたしたちよくやってる

あたしたちよくやってる

 

 

続きを読む

「注文の多い料理小説集」文春文庫出版 「心の栄養を摂る」食事の在り方を考える

2020年4月に出版されたばかりの新刊で、本屋さんで「ジャケ買い」した一冊です。

「本の紹介」カテゴリを設けておりますが、私は読書(活字を追うこと)があまり得意ではありません。

そんな私でも、「短編小説集」は読みやすそうな存在として、本屋さんで目に入り、購入に至りました。

7名の作家さんたちが参画されているこの短編集、「料理」というテーマでこんなにも切り口の違う様々なストーリーが展開されており、飽きることなく(かつ、本当に美味しそうな料理の描写の数々に、舌舐めずりしながら)読むことができました。

 

ちなみに、宝塚ファンでこのブログを読んでくださっている皆さん。2018年月組カンパニー」の原作者である、伊吹有喜さんの作品も入っていますよ。

 

私目線での感想を書いて行きます。いつもながら、ネタバレも含みますので目を細めて続きからお読みください。

 

 ⭐️本の概要(Amazonより)⭐️

「料理」をめぐる極上の7つの物語

うまいものは、本気で作ってあるものだよ―― 最高級の鮨&ワイン、鮪の山かけと蕗の薹の味噌汁、カリッカリに焼いたベーコンにロシア風ピクルス……おやつに金平糖はいかがですか?
物語の扉をそっと開ければ、今まで味わった事のない世界が広がります。

小説の名手たちが「料理」をテーマに紡いだ とびきり美味しいアンソロジー

【本書登場の逸品たち】
塩むすびと冷たい緑茶
ハルピンのイチゴ水
全粒粉のカンパーニュに具を挟んだサンドイッチ
きときとの富山の海の幸・ゲンゲ汁
生クリームと栗の甘煮のパンとアイスコーヒー
食堂のカレーライスと福神漬
星屑のような白い金平糖

 

続きを読む

我が家のベイビーちゃん マルプー成長日記⑦ ファーストバースデー

我が家のトニー王子ですが、7月12日に1歳になりました!

本人はおそらく何も知らないのでしょうが、この子が生まれて1年という記念がなんとも尊く愛おしく、嬉しい嬉しい飼い主です❤️

 

実は、我々夫婦も昨年のちょうどこの週末に結納をしました。偶然にも、私たちが正式に家族になる約束をしたのと同じ週末に、生まれていたトニー。

とても幸せな偶然です❤️

f:id:mizuki021190:20200713181605j:plain

バースデーハット

飼い主の自己満足ですが、バースデーハットを被ってもらい(ごめんよ)、3人で記念写真も撮りました。

本当は、わんちゃん用のお誕生日ケーキもあげてみたかった飼い主ですが、アレルギー等もちょっと怖いので、断念しました。

代わりに、ボールをプレゼントしましたが、早速噛み噛みしています。

f:id:mizuki021190:20200713182521j:plain

バースデープレゼントで遊ぶ

自粛が解けても、なんとなく出かけることが憚れる毎日ですが、この日は夫婦で六本木ヒルズのJOKERさんというペットショップに行き、トニーのお誕生日祝いを選びました。お誕生日グッズもたくさんありましたが、この王様ハットとボールだけ購入しました。

飼い主の自己満足に付き合ってくれてありがとう。ハットの着用時間は正味30秒でした(笑)

 

それにしても、久しぶりにお外に出て、ショッピングするのは楽しいですが、まだまだ予断を許さない、というか、さらに注意が必要な状況ですね。感染予防を徹底しなければならないと改めて感じた日でもありました。

 

本当にやんちゃで家のいろんなものを破壊していますが(笑)、それでもトニーに出会えて、いてくれて、私たちはとても幸せです!これからも毎年こうやって、記念日をお祝いできることを祈っています。

 

トニー インスタやってます。よかったらフォローしてください❤️

@tonybabe_themaltipoo 

宝塚歌劇 月組「カルーセル輪舞曲」 私たちの心に大切なことを思い出させてくれる 素晴らしい歌詞の数々

2017年は「モン・パリ90周年記念」で、素晴らしいレビューの数々が各組で上演されて楽しかったですね。

グランドホテルと長崎しぐれ坂について書いたのですが(以下記事参照)、その両方で同時に上演された「カルーセル輪舞曲」は、レビューとしての素晴らしさ、「宝塚ってこれこれ!!」が凝縮されているのは、この作品の数ある魅力の中のひとつであるのはもちろんです。

私はこのレビューは特に、それぞれのシーンの歌詞が素晴らしいと思うのです。今日は主に歌詞に注目しながら私的な魅力を語ってみます。

 

⭐️作品紹介(歌劇団オフィシャルウェブサイトより)⭐️

『カルーセル輪舞曲(ロンド)』 作・演出/稲葉 太地
日本初のレヴュー『モン・パリ』誕生から90周年を記念して、優美な華やかさの中に迫力あるダンス場面を織り交ぜて繰り広げるレヴューロマン。地球全体を軸にして回る回転木馬(カルーセル)に命が宿り、まるで輪舞曲(ロンド)を踊るように世界中どこまでも果てしなく駆け出して行く様をイメージ。日本を出発しパリに着くまでを描いた『モン・パリ』に対し、パリから出発して宝塚を目指す世界巡りの形式で、バラエティ豊かな数々の場面をお届け致します。珠城りょうを中心とした、フレッシュでパワフルな新生月組の魅力満載のレヴュー作品です。

 

 

月組宝塚大劇場公演ライブCD『カルーセル輪舞曲(ロンド)』
 

 

グランドホテル・長崎しぐれ坂についての過去記事は以下参照ください。

 

worldofm.hatenablog.com

 

worldofm.hatenablog.com

 

 

worldofm.hatenablog.com

 

続きを読む

宝塚歌劇 月組・博多座公演「長崎しぐれ坂」 感情の帰属先と外の世界への想い

なんだか思い立って、今日月組の長崎しぐれ坂を観まして。観れば発見がある植田先生の作品と、相変わらずの当時の月組の演技に思いを馳せている夜です。

♪なんなん長崎しぐれ坂〜 とか ♪神田囃子が聞こえる〜 とか、一回で覚えられるメロディが多いのも、宝塚の作品の魅力ですよね。

そして、グランドホテルで珠城りょうさんにすっかり魅了された私は、珠城さんを追いかけて、初めて九州に行きました!しかも日帰りで笑。

飛行機乗って博多座行って飛行機乗って帰る旅でした。(笑)

 

今日はそんな長崎しぐれ坂に見る人間関係の切なさについて、感想を語ります。

 

⭐️作品紹介(歌劇団公式ウェブサイトより)⭐️

長崎しぐれ坂 〜榎本滋民作「江戸無宿より」〜 脚色・演出/植田紳爾

轟悠湖月わたる檀れいによって、2005年に星組で上演され好評を博士た作品の再演。幼馴染の三人の男女が、全く違う境遇となって再会したことから起こる愛憎劇を、江戸末期の異国情緒溢れる長崎を舞台に展開致します。神田祭精霊流しなどの舞踊場面を織り交ぜ、華やかさの中に哀愁のある世界を描き出す作品を、2005年の初演と同じく専科の轟悠、そして月組の珠城りょう、愛希れいかを中心にお届け致します。

 

続きを読む